維新號

維新號の歴史

創成期

維新號の歴史は、遠く明治32年(1899年)までさかのぼります。

神田の維新號

 明治20年頃、創業者の鄭余生は20代で、単身寧波(上海より少し南の港町)より来日し、横浜の羅紗専門店で働いていたそうです。
明治32年に外国人の居住地以外の内地雑居が可能になったのを機に、東京・神田地区の神田今川小路に清国(中国)の留学生を相手に簡単な “郷土料理店”を始めたのが維新號の始まりです。
当時の日本で、中国料理を食べる機会のなかった彼等は、祖国の味を求め維新號に集まり、店は大変賑わっていたそうです。
その中には後の中国で活躍する周恩来や蒋介石・魯迅の姿もあったようです。

 大正中期に至るまでは留学生相手の“故郷飯店”を運営していましたが、 時代の流れと共に留学生の数が激減したのを機に、日本人相手の“中国料理店”に大変身を遂げました。
この頃の維新號の名物料理は何と言っても“フカヒレの姿煮”で、戦争が終わり神田今川小路の店を閉めるまで、 日本の政財官界のお客様や、財閥の出張宴席など、料理店維新號は絶頂を迎えました。

おまんじゅう

 戦争が終わり今までの様に特殊なお客様目当ての営業は続けられなくなり、昭和22年(1947年)銀座に店を移し、“料理店・維新號”から“まんじゅう屋・維新號”へと、時代のニーズと共に変化しました。
このおまんじゅうは大ヒットし、今でもたくさんのお客様に愛され続けている“維新號のおまんじゅう”として現在に至ります。

現在~そしてこれから

 “料理店・維新號”の大きな転機は、赤坂店のオープンにあります。
赤坂店は、オープン当初より高級店として幅広いお客様にご支援を頂き、現在でも政財官界のトップの方々や、駐日中国関連のお客様にご利用頂いております。
更に業態を広め、カジュアルな“點心茶室”、“杏花”、そしてモダンチャイナを意識した新業態の“甬江”、“オーキッド”を展開しております。

 

 平成11年(1999年)に、維新號は創業以来、100年の年月を迎えました。
明治・大正・昭和・平成と、こうして長い年月無事商売を続けてこられたのは、ひとえにお客様のおかげであります。
親から子へ、子から孫へとお客様の代も変わりました。
お客様も三代、お店も三代、これからもお客様とは長い長いお付き合いをしていきたいと考えております。